How to POLEBOARD / 滑り方編

初心者

始めに

ポールボードは全身を使うスポーツです脚だけではなく全身のストレッチをします。せっかくゲレンデまで来て怪我をして滑れなくなってしまっては元も子もありませんので少し汗ばむくらい準備運をしましょう。

道具のチェック

ポールボードにはスキーやスノーボードよりも多くのパーツが使われています。滑り出す前に状態をきちんと確認しましょう。

ポールボードのクラックの有無。ポールとボード取り付け部分のねじの緩み、ビンディングのねじの緩み、バックルの状態その他滑り出す前にきちんと確認して正しい状態に整備してから使用します。山の上で壊れると下りてくるのが大変です。

ブーツを履く

自分に合ったサイズのブーツを選び足にフィットするように紐やバックルをロックします。最近はワイヤー式のソフトブーツもありますので締め付けすぎないように注意します。きちんとはいた状態で指の曲がらないサイズのブーツを選びます。

ポールボード

1. ポールボードの固定の基本姿勢
ハンドルを持ち上げ前足を前のビンディングに乗せます。最初に足首側のバックルを固定します。この時ブーツのかかととビンディングとの間に隙間がないように注意します。次につま先側のバックルを固定します。初心者は後ろ足をフリーにして練習しますので後ろ足用のビンディングに足は固定しません。後ろ足のビンディングは足を置く場所を決める役目をします。後ろ足のかかととビンディングのかかとが隙間なく合うように足を乗せます。この時前足のかかとに後ろ足のつま先が出来るだけ近づくように後ろのビンディングの位置を調整します。

2. 姿勢
膝を軽く曲げてハンドルを軽く握ります。後ろ足の膝で前足の膝を押すようにします。お尻(1)は前足の踵と後ろ足のつま先の接する部分(2)の真上になります。(1)と(2)を結んだ線の延長線上に頭がきます。ハンドルと胸の間に大きなボールを抱えているようなイメージを思い浮かべて見ましょう。

3. 視線
進行方向(基本的には谷に向かって)遠いところに視線を置くようにしましょう。

平らなところでの移動

前足を押し出すように後ろ足で雪面を蹴って前に進みます。この時重心が前に行き過ぎないように気をつけましょう。

蹴った後ろ足を基本の位置に乗せればそのまま進みます。停止したらまた繰りかえして行きたい所まで移動します。

滑る

スピードが出過ぎないように傾斜の少ない斜面を選びます。

1: 姿勢
傾斜に対して垂直(真下)方向に滑り降ります。この時の姿勢は基本姿勢になります。

2: 重心
前足と後ろ足のつま先に乗り重心は前足と後ろ足の接点にくるようにします。

曲がる

曲がりたい方向に膝を曲げながら出していきます。

曲がりたい方向と反対側の手でハンドルポールを曲がりたい方向に倒します。

後ろ足のつま先に少しだけ多めに体重をかけます。

左右のバランスは出来る限りセンターに残すようにします。

上半身を谷側に向けて視線も谷側に残るように心がけます。

肩のラインと雪面のラインが平行になるようにします。

向きが少し変わってきたら反対方向に操作をします。

止まる

前足に体重をかけてボードを谷側にずらしていきます。

ハンドルを軽く引きながらボードがずれていく方向に合わせて回します。

ボードが谷に向かって横を向いたら山側にボードとハンドルを倒し前足でボードを踏み込みます。

後ろ足は山側に出して動きが止まったら雪面についてバランスを取ります。

自分のコントロールできるスピードを越える前に停止しましょう。

上達するためにはスピードをコントロールできる斜面を選んで練習することが重要です。

リフトの乗り方

乗車

リフト乗車

  1. スキーやスノーボードと同様に、リフト昇降位置へ進みます。
  2. リフトが接近したら深く腰をおろします。このとき片手でリフトを押さえると楽に座れます。
  3. ハンドルを膝の上に置いて片手でしっかりつかみます。
  4. 乗車後、セーフティーバーがある場合はセーフティーバーをおろします。

乗車中

ハンドルを膝の上に置いて片手でしっかりつかみます。強風やリフトの急停止に備えてセーフティーバーやリフトフレームをつかみます。

降車

リフト降車

  1. 降車位置が近づいたらボードの先端を進行方向に向けます。
  2. 降車位置に来たら後ろ足でバランスを取りながら立ち上がり、まっすぐ滑ります。

転び方

ハンドルをしっかり握りお尻から倒れるようにします。また、なるべくボードを雪面から離すように少し持ち上げます。

©NEXAM